韓国のカジノは低レートで服装もカジュアル、旅費を含めて日本から最も手軽に楽しめるカジノです。

海外カジノルール攻略サイトのメイン画像

韓国

 

コリアンカジノのメインイメージ

 

昨今は日韓関係の悪化で観光需要が低下している韓国ですが、日本と隣国にある立地から少ない旅費でカジノを楽しめる人気エリアです。
カジノだけのために週末を利用した韓国旅行を楽しむ人がいるほどで、韓国には多数のカジノがあります。

 

韓国のカジノ施設一覧

ソウルエリア
  • パラダイスカジノ・ウォーカーヒル
  • セブンラックカジノ・ミレニアムソウルヒルトン店
  • セブンラックカジノ・江南COEXモール店

 

釜山エリア
  • パラダイスカジノ・プサン
  • セブンラックカジノ・釜山ロッテ店

 

済州島エリア
  • パラダイスカジノ・チェジュ・グランド
  • パラダイスカジノ・チェジュ・ロッテ
  • 済州新羅マジェスターカジノ

 

江原
  • カンウォンランド

 

韓国のカジノホテル一覧

仁川エリア
  • パラダイスシティ・ホテル&リゾート

 

済州島エリア
  • チェジュ・サンホテル&カジノ
  • カルホテル・チェジュ
  • ラマダプラザ・チェジュ
  • ハイアットリージェンシー・チェジュ

 

大邱エリア
  • ホテルインターブルゴ・テグ

 

韓国のカジノの特徴

 

韓国有数の観光地の様子

 

韓国は複数のエリアにカジノがあり、全般的に中小規模のカジノが多いです。
日本人観光客からはソウルにあるカジノとリゾート島で日本発着のクルーズ船寄港地の定番になっている済州島のカジノが人気です。

 

入場料は施設型カジノは基本無料。
年齢制限は19歳以上なので大学生のグループも散見されます。
日本人の比率が高いため、ソウルにある3つのカジノは日本語を話せるスタッフが配備され、カタコトの英語でもコミュニケーションを取れます。

 

ミニマムレートは日本円で500円程度。服装は基本的にカジュアル。
客は日本人観光客の比率が高いので、旅費を含めて日本からもっとも手軽に楽しめるカジノだと言えるでしょう。

 

食事とドリンクが無料なので、観光のついでに覗く程度の軽い気持ちで訪れる方も多いです。
ホテルカジノになるとレートや規模が変わってくるので、目的の場所に応じた下調べをしっかりしておくようにしましょう。

 

韓国カジノの注意点

韓国のカジノは基本的に外国人観光客限定で入場する際はパスポートが必要です。
パスポートと19歳以上の年齢制限を満たせば止められることは滅多にありません。
ただし、ビーサンやタンクトップの服装の場合はカジノの入っているホテルの入り口で止められることがあるので注意しましょう。

 

韓国には裏カジノが存在する

 

危険な裏カジノに誘導されるイメージ

 

紹介したカジノは全てが政府の認可を受けている正規カジノですが、韓国には複数の裏カジノが存在していると言われています。
一部では街頭でキャッチをして観光客を相手にボッタクリ営業をしている裏カジノもあるので、ガイドブックに載っていないカジノは絶対に利用しないようにしましょう。

 

ただ、昨今は合法カジノが増えたことによって観光客向けの裏カジノは減少しています。
少なくてもソウルや済州島など合法カジノが盛んな地域で日本人観光客を相手にしている裏カジノは絶滅しています。

 

韓国は反日の動きが強まっていますが、カジノで日本人だけを相手にインチキされることはありません
現在も現地でカジノを楽しむ最も手軽な地域なので、カジノデビューしたい方や観光で韓国を訪れた方は是非韓国のカジノを利用してみてください。

 

こちらも日本人にはオススメ!シンガポールカジノ