日本で最大の広告代理店である電通も世界BIG4に入ろうとしています。

MENU

世界の広告代理店TOP5

広告代理店は国内に限った話ではありません。
世界に強い影響力を持つ広告代理店はいくつも存在しているのです。

 

そこで、世界でもTOP5に入る有名な企業を紹介したいと思います。

 

 

WPP

まずTOP1になるのがWPPという、イギリスのロンドンに本拠地を置く広告代理店です。
2015年の売上高は2兆3000憶円と、桁違いの売り上げから分かるように世界を代表する企業です。
設立から30年程度にも関わらず世界でTOP1になった素晴らしい企業なのです。

 

オムニコム・グループ

TOP2はオムニコム・グループです。
こちらはアメリカに本拠地を置く広告代理店で、日本では東急エージェンシーと提携関係になっています。
売上高は1兆9000憶で、こちらも膨大な売り上げを誇っている一流の広告代理店です。
世界100ヶ国以上で広告や戦略的なメディアバイイングを行っており、専門的なサービスを提供しているのです。

 

ピュブリシス・グループ

次にTOP3がピュブリシス・グループで、こちらはフランスにある広告代理店です。
売上高は1兆2000憶で、1兆超えの一流広告代理店となっています。
このピュブリシス・グループは、一時期オムニコムグループとの合併の話が出ていました。
そうなればWPPを超える広告代理店になると噂されましたが、その話は実現しなかったのです。

 

インターパブリック・グループ

TOP4になるのはインターパブリック・グループです。
オムニコム・グループと同じアメリカに本拠地を置いており、売上高は9000億円となっています。
TOP4になって初めて一兆を切る形になりました。

 

 

ここまでの広告代理店をまとめてBIG4と呼んでいるのです。

 

 

電通

そして、BIG4に参入しようと狙っているのが日本で最大の広告代理店である電通です。
売上は7500憶円で、BIG4に入るまでは後少し足りないという状況です。
今後も順調に成長を続けて行けば、世界を牽引する広告代理店になれるでしょう。

 

 

世界に視野を広げると偉大な企業はたくさん存在しています。
優良な代理店を見極める際には、一流企業のサービスを参考にしてみるのも良いでしょう。