現在の広告業界を一歩先にいく株式会社フィードの営業方法などをまとめました。

MENU

何もしなくても、日常的に暮らしているだけで様々な広告が目に入って来ます。
新聞にも多くの広告が載っていますし、チラシも混ざっているでしょう。
ガラケーやスマホを触っていても、バナー広告が出て来ていて人々の目に触れているのです。

 

広告代理店とは、こうした広告の枠を顧客へ売り、その手数料を得ることで利益を出す業務を行っている会社です。
つまり広告を掲載する場所を、商品やサービスをアピールしたい企業や個人に売っているのです。

 

近年では広告の枠を売るだけでは高い評価を得られなくなっており、広告代理店がプロモーション制作を考えるようにもなっています。
例えば電子レンジを売りたいのであれば、どのような広告を掲載すれば売り上げが上がるかを提案するのです。
スマホなどのバナー広告では、広告代理店が内容やアピール方法を考案して実施するのが最近の傾向です。

 

広告代理店の情報分析は大切

また、情報分析にも余念がありません。
昔は広告代理店の社員が感覚を研ぎ澄ませて、売れる売れないを判断して展開していました。
しかし現代では、あらゆる情報を集めることが可能になっているため、広告を出す前に情報を見極めるのが一般的です。
40代の男性が好きな食べ物は何なのかを調べたり、どのような時間帯に広告を出すと売り上げが増えるかを調べるのです。

 

このように広告代理店とは、広告を掲載してもらうことで手数料を得るのです。
▶ 日本の広告代理店について

 

 

今回は都内の不動産会社であり、広告代理店としても評判の高い株式会社フィードを紹介したいと思います。

広告代理店を担うのは、株式会社フィードの関連会社である株式会社Fエンタープライズです。
大手有名企業や広告代理店から広告の依頼を受けると、メディアの選定からデザイン制作業務を行っています。

 

株式会社フィードの広告代理店業

メディアの選定と言うと簡単に聞こえますが、
ターゲットにしている人の購買欲を刺激するように入念なリサーチを行っています。

男性がターゲットなのに、女性用の雑誌に広告を出しても無意味なのは理解出来るでしょう。

 

どのようなメディアに広告を出すかを選定するかは、デザイン以上に重要な要素なのです。

▶ 株式会社フィードの広告代理業について

 

ここで株式会社フィードの2chの評判を見てみましょう。

なぜ2chの評判を見るのかと言うと、話題になった広告が一発で判別出来るからです。
ブログや口コミサイトでも反応を見ることは出来ますが、2chはユーザー同士が会話形式で意見を交換しています。
客観的でより深い意見を見ることが可能なのです。

 

株式会社フィードの2chでの評判ですが、広告業務の評価は軒並み高評価でした。
一番賑わっていたのはジャンプフェスタの広告についてでしょう。
アニメやマンガの話題であるため、2chでも大きな話題として捉えられていました。
また、OASIS CAMPUS COLLECTIONについてはデザインが秀逸だったとの評価も書かれています。
多数のイベントや出店をプロモーションしており、企画や運営の力は秀逸だと判断出来ます。

 

フィードグループの一角を担う株式会社Fエンタープライズの広告代理店業務は、時代のニーズを理解しているのでしょう。
設立が2013年でありながら、その業績は年々上昇傾向にあります。
今後の飛躍に注目が集まる期待の広告代理店なのは確定的です。

 

広告を出したい企業はもちろん、その広告を見る消費者も代理店に注目することで良い商品やサービスに巡り会えるのです。

 

代理店が適当だと、広告の効果は最大限発揮されませんので企業は目に見えない損失を受けてしまいます。
消費者としても広告からイメージした商品やサービスが、実際には違ったというギャップが生まれるかもしれません。

 

日常の中で何気なく見ている広告ですが、その裏では綿密に計算された作戦があるのです。広告の裏には優良な代理店があるのを忘れてはいけません。